小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

超短編小説 ロボット化計画

新井孝夫は最終電車に乗っていた。つり革にぶら下がるような体制で立ち目を閉じてうなだれていた。うなだれているが落ち込んでいるわけではない。口元は笑っていた。 ガタイのいい男が社内で目を閉じうつむいて笑っている姿は不気味だ。他の乗客は孝夫から少…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現

夢をかなえるゾウ 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「おい、起きろや」 聞きなれない声に目を覚ました僕は、眠気で重いまぶたをゆっくりと持ち上げた瞬間、眼球が飛び出るかと思うくらいの衝撃を受けた。「お前、だれ」 大…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現4

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 「いや、しかし……」 「名刺のようなものを受け取ったとおっしゃいましたよね」桐宮玲は青江の言葉を遮り、…