小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現5

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「赤松社長ですか?」 電話の声は、固く閉じ合わさった貝殻を思わせた。「ホープ自動車の沢田です」「初めてお目にかかります。部長代理の野坂と申します」 男…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現4

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 中村は頭の回転が速い。話の中から問題の本質だけをこすフィルターが付いているような反応だ。「構いません。検討していただけますか」 赤松は思わず膝を乗り出…

オレオレ詐欺

リリリーン、リリリーン 「はいはい、ちょっと待って下さいね。すぐに出ますね」 山崎佳子は呼び出し音が鳴る電話機に向かって声を掛けた。少し足元がおぼつかないので電話に出るまで時間がかかる。 「ハアハアハア、もしもし、お待たせしました、山崎です」…

小説の書き出しが難しい 君の膵臓をたべたい 住野よる

小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになり…

小説の書き出しが難しい 空飛ぶタイヤ 池井戸潤

小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書きたいと思い、…

小説を読もう「アドラー 一歩踏み出す勇気 中野明」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。「アドラー一歩踏み出す勇気」は広告代理店に勤める松田勇二がカラ爺というメンターからアドラー心理学をベースにした「7つのステップ」を実践していくことで成長していく物語です。 読んでいるあなたも…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現3

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「そういえば、横浜の事故は大丈夫ですか」と。 面を上げて専務を、一瞥した井崎は、テーブルの反対側にいる狩野と三浦を窺った。ぽんと肩を叩かれて紀本には激…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現2

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 小茂田から笑顔が消えた。厳しい表情で手元のレポート用紙にボールペンを走らせ、説明する赤松の声と重苦しい筆到の音だけが室内で重なりはじめる。小茂田は渋…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 ぼくが駆けつけたとき、君は病室の白いシーツに包まれて横たわっていました。 「ママ寝てるの?」 タカシにきかれて、ぼくはそのちっちゃな手をシーツの中の君…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現4

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現3

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現2

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現2

夢をかなえるゾウ ** 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「頑張らなあかん、頑張って成長せなあかんてどれだけ思ってもなかなか頑張れんのが人間やろ」 「そうですね。確かに、頑張ろうって決めてもすぐに嫌になってしまいま…

超短編小説 ロボット化計画

新井孝夫は最終電車に乗っていた。つり革にぶら下がるような体制で立ち目を閉じてうなだれていた。うなだれているが落ち込んでいるわけではない。口元は笑っていた。 ガタイのいい男が社内で目を閉じうつむいて笑っている姿は不気味だ。他の乗客は孝夫から少…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現

夢をかなえるゾウ 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「おい、起きろや」 聞きなれない声に目を覚ました僕は、眠気で重いまぶたをゆっくりと持ち上げた瞬間、眼球が飛び出るかと思うくらいの衝撃を受けた。「お前、だれ」 大…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現4

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 「いや、しかし……」 「名刺のようなものを受け取ったとおっしゃいましたよね」桐宮玲は青江の言葉を遮り、…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現3

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 会って話したい、と中岡はいった。当然のことながら、羽原は用件を訊いてきた。ここで手の内を見せるのは…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現2

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 那須野はホームに降り立った。予想したよりも寒くはない。冷たい風が、少し火照った顔に心地よいほどだっ…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 細かい振動で目を覚ました。瞼を開けると、見慣れないものが目の前にあった。それが車の天井だと気づくの…

超短編小説 愛縁奇縁(あいえんきえん)

「あー、見つけたぁ、真由~」 高橋彩花は小さく手を振りながら早足で歩いてきて、酒井真由の席の横に腰を下ろした。真由は大学の講義が終わりノートや教科書をトントンと揃え片付けているところだった。彩花とは大学に入学してから知り合ったのだが、人見知…

超短編小説 噂(うわさ)

「山中、こないだのテストの成績が学年トップじゃないか、凄いなぁ」 昼休み、僕の前に座る宮川が後ろに座る僕に体を向けて、そう言った。 「ありがとう」 僕は礼を言った。 僕、山中和也は、この間のテストで学年トップの成績をとった。これまではベストテ…

おすすめの一冊、夢をかなえるゾウ

自己啓発本はいろいろありますが、普通の自己啓発本とは違います。簡単に言えば笑える自己啓発本です。 主人公は平凡なサラリーマン。彼は自分が変わらないと成功出来ないと自己啓発本を読んではいたが、三日坊主で終わってばかりだった。 そんな時、先輩の…

超短編小説 長ーい友が去る

「俺もそろそろ、ここから去ることにするわ」 「えっ、先輩も去ってしまうんですか、みんな居なくなって寂しいです。もう少し頑張って下さいよ」 「ここは居づらくなって、そろそろ限界なんだ。お前も無理してるんだろ。体が真っ白になってるぞ」 「確かにき…

超短編小説 天国か地獄か

「いらっしゃいませ、人生、お疲れさまでした」 「こ、ここはどこですか」 「死後の世界です」 「死、死後……ですか、……ということは私は死んだのですか」 「そうです、あなたの人生は終了しました。今からあなたの審判に入るところです」 「審判……、ですか。…

超短編小説 コートとセーターとスカートとの会話そこにハイヒールが加わる

誰もが着ている衣類が会話を始めたら、どんな会話をしているのでしょうか? この短編小説は、それぞれの衣類の言い分を言い合ってバラバラになる様子を表現しています。チームワークの大切さを気づかせる作品です。 コートとセーターとスカートの会話そこに…

超短編小説 心の声が聞こえる

心の声が聞こえる 主人公には、不思議な能力がある。それは、他人の心の声が聞こえることだ。 この能力が主人公にとってプラスになっているかというと、そういうわけではなさそうだ。 恋愛や仕事に生かせそうで、生かせない。 心の声が聞こえる

超短編小説 探偵とストーカー

ストーカー 若い女性がストーカーの相談のため探偵事務所に訪れていた。警察に相談したが相手にされずに怒っている様子だ。 探偵が女性から話しを聞いてみたが、ストーカーは彼女の夢の話しだった。 実在しないストーカーの相談だが、探偵は依頼を引き受けた…

超短編小説 バレンタインチョコの勘違い

大山家は夕食を終え、主の隆弘はこたつに入り写真を眺めていた。妻の美香も夕食の片付けを終わらせて、熱めの緑茶を持って隆弘の左側に座った。 「明日は陽菜の結婚式だな」隆弘は緑茶を口にしながら頬を緩めた。「そうですね、早いですね」美香は湯飲みを…

超短編小説 本気かな、真剣かな

「どうも~、カナケンでーす」 「俺の本名が真中健で、相方のこの女が、本木加奈です。2人の下の名前をくっつけただけのコンビ名ですが、覚えてやってください」 「加奈ちゃんを可愛いと言う男がおったら、俺はビックリして気絶するわ」 「失礼やね、あたし…