小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

ラプラスの魔女

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現4

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 「いや、しかし……」 「名刺のようなものを受け取ったとおっしゃいましたよね」桐宮玲は青江の言葉を遮り、…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現3

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 会って話したい、と中岡はいった。当然のことながら、羽原は用件を訊いてきた。ここで手の内を見せるのは…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現2

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 那須野はホームに降り立った。予想したよりも寒くはない。冷たい風が、少し火照った顔に心地よいほどだっ…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 細かい振動で目を覚ました。瞼を開けると、見慣れないものが目の前にあった。それが車の天井だと気づくの…