小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

小説表現方法

小説を読もう「13階段 高野和明」の言葉表現

小説が好きで、気になった表現をの仕方まとめただけの資料です。 それからしばらくの間、声を発する者はいなかった。波の音だけがかすかに聞こえていた。 やがて、視線を落としていた南郷が、「お気の毒でした」と言った。「それだけじゃないが、もちろん大…

小説を読もう「13階段 高野和明」の言葉表現

小説が好きで、気に入った表現を仕方まとめただけの資料です。 「顔を上げなさい」やがて光男が言った。その震える声には、憤怒を必死に押さえている努力が窺えた。「そちらの謝罪はゆっくり聞こう。中に入りなさい」それから十分後、純一はようやく、佐村製…

小説を読もう「プラチナデータ 東野圭吾」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。 プラチナデータ (幻冬舎文庫) 東野 圭吾 (著) プラチナデータ プラチナ・エディション ブルーレイ 【初回限定版】 【ブルーレイ】 すると彼女は再び笑った。丸い頬の上で、目が細くなった。ゆっくり…

小説を読もう「火の粉 雫井脩介」の言葉表現2

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。 火の粉 雫井脩介 (著) 「これはこれは」口の端を歪めた独特の笑顔で野見山が近づいてくる。「どうしてまたそんなことを?」 野見山はもどかしいほどゆっくりした喋り方で訊く。 ただ、その眼つきに油断…

小説を読もう「火の粉 雫井脩介」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。 火の粉 雫井脩介 (著) 「ええ、十時くらいですか」紀藤はかすかな緊張感を言葉尻ににじませて答えた。「その時間からよく散髪屋が開いてましたね」 勲が言うと、紀藤の口から弛緩した息が洩れた。頭の後…

小説を読もう「書店ガール3 碧野圭」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。 無言のまま積み重なっていく嘆きは、こころの奥深くに沈殿し、ゆっくりとその人を蝕んでいく。市川は口を一文字にして考え込んだ。市川にしたら面倒な提案だったかもしれないと思った理子は、すぐに言葉…

小説を読もう「コーヒーが冷めないうちに 川口俊和」の言葉表現

小説表現をの仕方 コーヒーが冷めないうちに 川口俊和 男は再び下唇を突き出すと女から目線を外し、黙ったまま何も答えなかった。冷めて、ただ甘いだけのコーヒーは女の気分をさらに鬱々と沈めていく。目の前のコーヒーカップを上手く避けながらフニャフニャ…

小説を読もう「旅路を死神 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 「俺は人を殺しに行くんだぞ」 「ああ、それか」 「ああ、それか」森岡は眩暈(めまい)を感じるかのように、黒目を忙(せわ)しなく動かした。「何だよそれ。あんた、驚かねえのか?」 「子供の頃、お前を逃がしてくれた。それ以降…

小説を読もう「旅路と死神 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 黒い髪は耳にかかるくらいで、細く吊り上がった目は爬虫類に近い。 数時間前、水戸を越えたあたりで定時のニュースが流れた。森岡は無表情のまま、若干誇らしげに、若干苦しげに、「これ俺のこと」とラジオを指差した。昨晩、渋…

小説を読もう「恋愛で死神 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 「おはようございます」荻原が挨拶をした。見ればその前に、先ほどの女性が立っていた。彼女はゆっくりと、首だけで振り返り、「あ」とも「ああ」ともつかないぎこちない声を出して、「おはようございます」と答えた。儀礼的なも…

小説を読もう「吹雪に死神 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 朝の六時過ぎであるが、太陽の位置も分からない。 「さっぱり晴れねえし、気が滅入るからカーテン閉めろよ」と後ろから声がした。英一という名前の、三十代の男だ。銀縁の眼鏡をかけ、樽を腹に入れたような肥満な体型をしている…

小説を読もう「死神と藤田 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 若者はそのセーターの首まわりをぐいぐいと引っ張ってくる。降り止まない小雨で、路上に水溜まりができていたらしく、私はそれを踏んだ。足元で、地面が舌なめずりをするかのような音を鳴る。 「おまえ、栗木の居場所を知ってる…

小説を読もう「死神の精度 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 頭上の雲は黒々とし、隆々(りゅうりゅう)とした筋肉を思わせる膨らみがある。 雨が垂れていた。激しい勢いではないが、その分、永遠に降り止むこともないような粘り強さを感じさせる。 地下鉄の階段の手前、屋根のある部分に足を…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「それは、ありません。少なくとも、一般的な手法に則った鑑定を行っているということは申し上げておきます。それはいまさら疑問を差し挟む余地のないものです…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現5

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「赤松社長ですか?」 電話の声は、固く閉じ合わさった貝殻を思わせた。「ホープ自動車の沢田です」「初めてお目にかかります。部長代理の野坂と申します」 男…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現4

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 中村は頭の回転が速い。話の中から問題の本質だけをこすフィルターが付いているような反応だ。「構いません。検討していただけますか」 赤松は思わず膝を乗り出…

小説を読もう「アドラー 一歩踏み出す勇気 中野明」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。「アドラー一歩踏み出す勇気」は広告代理店に勤める松田勇二がカラ爺というメンターからアドラー心理学をベースにした「7つのステップ」を実践していくことで成長していく物語です。 読んでいるあなたも…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現3

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「そういえば、横浜の事故は大丈夫ですか」と。 面を上げて専務を、一瞥した井崎は、テーブルの反対側にいる狩野と三浦を窺った。ぽんと肩を叩かれて紀本には激…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現2

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 小茂田から笑顔が消えた。厳しい表情で手元のレポート用紙にボールペンを走らせ、説明する赤松の声と重苦しい筆到の音だけが室内で重なりはじめる。小茂田は渋…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 ぼくが駆けつけたとき、君は病室の白いシーツに包まれて横たわっていました。 「ママ寝てるの?」 タカシにきかれて、ぼくはそのちっちゃな手をシーツの中の君…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現4

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現3

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現2

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「シグナル 関口尚」の言葉表現

関口尚のシグナルの表現をまとめただけの資料です。 シグナル 関口尚 商品説明 映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現2

夢をかなえるゾウ ** 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「頑張らなあかん、頑張って成長せなあかんてどれだけ思ってもなかなか頑張れんのが人間やろ」 「そうですね。確かに、頑張ろうって決めてもすぐに嫌になってしまいま…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現

夢をかなえるゾウ 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「おい、起きろや」 聞きなれない声に目を覚ました僕は、眠気で重いまぶたをゆっくりと持ち上げた瞬間、眼球が飛び出るかと思うくらいの衝撃を受けた。「お前、だれ」 大…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現4

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 「いや、しかし……」 「名刺のようなものを受け取ったとおっしゃいましたよね」桐宮玲は青江の言葉を遮り、…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現3

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 会って話したい、と中岡はいった。当然のことながら、羽原は用件を訊いてきた。ここで手の内を見せるのは…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現2

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 那須野はホームに降り立った。予想したよりも寒くはない。冷たい風が、少し火照った顔に心地よいほどだっ…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 細かい振動で目を覚ました。瞼を開けると、見慣れないものが目の前にあった。それが車の天井だと気づくの…