小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

空飛ぶタイヤ 池井戸潤

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現5

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「赤松社長ですか?」 電話の声は、固く閉じ合わさった貝殻を思わせた。「ホープ自動車の沢田です」「初めてお目にかかります。部長代理の野坂と申します」 男…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現4

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 中村は頭の回転が速い。話の中から問題の本質だけをこすフィルターが付いているような反応だ。「構いません。検討していただけますか」 赤松は思わず膝を乗り出…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現3

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 「そういえば、横浜の事故は大丈夫ですか」と。 面を上げて専務を、一瞥した井崎は、テーブルの反対側にいる狩野と三浦を窺った。ぽんと肩を叩かれて紀本には激…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現2

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 小茂田から笑顔が消えた。厳しい表情で手元のレポート用紙にボールペンを走らせ、説明する赤松の声と重苦しい筆到の音だけが室内で重なりはじめる。小茂田は渋…

小説を読もう「空飛ぶタイヤ 池井戸潤」の言葉表現

空飛ぶタイヤ 上下合本版 池井戸潤 小説が好きで小説家の表現の仕方をまとめただけの資料です。 ぼくが駆けつけたとき、君は病室の白いシーツに包まれて横たわっていました。 「ママ寝てるの?」 タカシにきかれて、ぼくはそのちっちゃな手をシーツの中の君…