「食」を美味しく楽しむブログ

体をつくっているのは食品です。良い食品をとれば健康になります。悪いものをとれば不健康になります。健康に過ごすための食を考えるためのブログです。

「まごわやさしい」を意識してコロッケをつくってみた


f:id:sujya:20160414133432j:image

週に1度だけですが夕飯をつくるようにしています。

嫁さんも仕事しているので休みの日くらいは夕飯をつくります。

上手くできないですが期待されていない分、いろんなことにチャレンジできます。

たまに上手くできて嫁さんのレパートリーに加えてもらいます。

今回のまごわやさしいコロッケは嫁もまごわやさしいを意識しているので、もしかしたらレーパートリーに加えてくれるかも!

「まごわやさしい」とは

「まごわやさしい」は栄養のバランスを考えた食の摂りかたの目安です。

「ま」 まめ類

「ご」 ごま

「わ」 わかめ(海藻類)

「や」 やさい

「さ」 さかな

「し」 しいたけ(菌茸類)

「い」 いも類

これをすべて摂るように意識することで栄養バランスがよくなります。

 

無農薬・有機栽培農産物の産直通販【ふるさと21】

 

材料:じゃがいも(い)、合挽ミンチ、玉ねぎ(や)、納豆(ま)、芽ひじき(わ)、すりごま(ご)、しらす(さ)、しいたけ(し)、★しょうゆ大3、★砂糖大1、★みりん大2、卵、小麦粉、パン粉、揚げ油、塩、こしょう

1、じゃがいもを皮をむいてゆがく。(箸がとおるくらいまで)

2、玉ねぎ、椎茸をみじん切りして合挽ミンチと炒める。★を入れて塩、コショウする。

3、2に納豆、芽ひじきも入れてさらに炒める。

4、じゃがいもがゆであがったら水を切り、少し火にかけ水分をとばす。熱いうちにボウルなどにうつし、マッシャーなどでつぶします。しらすを加えます。

5、2と4をまんべんなく混ぜる。

6、小判型に薄力粉→たまご→パン粉をつける。

7、170~180度ぐらいの油で表面が色づくまで揚げる。

 

 

広告を非表示にする