小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

小説の書き出しが難しい 「死神と藤田 伊坂幸太郎」

 小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。
 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。
 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。
 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、私が気に入った小説の書き出しをここに残しています。 


f:id:sujya:20180814225352j:plain
死神の精度 伊坂幸太郎 (著)


「おまえが千葉かよ」私の前に現れた若者は、充血した目を剥き、唾を飛ばした。
「ちょっと来いよ、おっさん」
それが礼儀正しい言葉でないことくらい、私にも分かる。今回の私は、五色の模様が入った派手なセーターを着て、その上から茶色の革のジャンパーを羽織っていた。若者はそのセーターの首まわりをぐいぐいと引っ張ってくる。降りやまない小雨で、路上に水溜まりができたらしく、私はそれを踏んだ。足元で、地面が舌なめずりをするかのような音が鳴る。


f:id:sujya:20180814225352j:plain
死神の精度 伊坂幸太郎 (著)