小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

手相からの物語 生命線が張り出した男の話

f:id:sujya:20181002082321j:plain
上の手相の絵は生命線の張り出しが大きくて、線自体も強いものです。運命線も比較的強い線です。この手相の持ち主がどんなタイプなのか。

生命線の張り出して線が強い人は体力自慢でバイタリティがあります。
仕事も遊びもバリバリとこなし、酒も性欲も強いでしょう。
体力や生命力が強いことは素晴らしいことですが、一つ注意しないといけないことがあります。
それは、体力に自信がある為、体調の異常を感じても、大丈夫、すぐ治ると油断し、気付いた時には大病にかかっていた、なんてことになりやすいことです。
又、暴飲暴食したり、体を酷使したり、無理しすぎるタイプですので注意しましょう。


この後は生命線の強い手相の持ち主を主人公にした物語になります。物語で、この手相の持ち主は北村清次といい、食品スーパーで精肉部門のチーフとして働いているという設定です。後輩山崎との会話から北村の性格が見えてきます。


手相からの物語
生命線の張り出しが大きい男

後輩と居酒屋にて

 最後の一個になった枝豆を口にくわえ指で弾くと口の中に二粒の豆が飛び込んできた。それをゆっくりと噛み、ぬるくなったビールで流し込んだ。食べ終わった皮を皮だけで山盛りになっている小鉢に置いて、お手拭きで指を拭いた。枝豆の皮だけになった小鉢と鶏の唐揚げがひとつだけ残った皿が、山崎の前に並んでいた。
 BGMは山崎が小学生の頃に流行った曲だが曲名は知らない。聴いていると元気になる曲だなと思って聴いていた。前に座る北村はそれを鼻唄まじりに口ずさんでいる。
 今日の売り出しで、売上が予算を大幅に超えて上機嫌になった北村が祝杯だといって山崎を誘った。
 店員が威勢のいい声で「はい、お待ち」と冷えたビールを北村に手渡し、北村は鼻唄を中断し「おお」と言って受け取った。
「北村さん、そろそろ帰りませんか」
 山崎は腕時計を見ながら眉を八の字にした。
「何言ってんだ、山崎、まだまだこれからだ。ほら、もっと飲めよ」
 そう言ってビール瓶を山崎の前につきだした。
「あっ、いただきます。けど北村さん」
 山崎がグラスを出しながら言った。
「なんだ」
 北村はビールを注ぎながら面倒臭そうに返した。
「この間、仕事中に倒れたじゃないですか。あまり無理しない方がいいんじゃないですか」
 北村はビールを注いでからビール瓶をテーブルにドンと置いた。
「うるせーな」
「あの後、ちゃんと病院には行ったんですか」
 山崎は注いでもらったビールを一口だけ口にしてから言った。
「あれは、倒れたんじゃない。つまづいて転んだだけだ。あの時も言っただろ」
 北村はテーブルを拳で叩いた。山崎は慌ててビールの入ったコップを手でおさえた。小鉢から枝豆の皮がビックリしたように跳ねて、一つテーブルに崩れ落ちた。
「いや、でもあの時、北村さんの顔は真っ青でしたし意識も朦朧としてました。北村さん、絶対疲れてますよ」
「うるせいな、お前と飲んでたら酒が不味くなったわ。あー、わかったわかった、もういい、帰るぞ」
 北村は火をつけた煙草をすぐに灰皿に押しつけ伝票をさっと取り、席を離れた。
「あっ、はい、すみません」
 山崎は一つ残った唐揚げを口に放り込み残ったビールを空けてから北村の後ろを追いかけた。
「支払いは割り勘にしましょうよ」
 北村の背中に向かって声を掛けたが、北村は振り返ることもなくレジへと向かった。


次の日、二人の職場、食品スーパーサワダで
 
「えー、食品を扱う者としてプライドと責任を持って下さい。コンプライアンスを守り、お客様を裏切ることのないようにお願いします。えー、それから……」 
 山崎は朝礼での店長小坂の話が先週と同じようだなと思って聞いていた。欠伸(あくび)が出そうになるのを堪えようとした時、隣に立っていた北村が山崎に体を預けるようにして倒れてきた。
「キャー」
 山崎の後ろの列にいた女性スタッフが悲鳴を上げた。
「北村さん、大丈夫ですか」
 山崎はもたれかかってきた北村の体を支えながら、ゆっくりと床に寝かせ声を掛けた。 
「救急車、すぐ救急車呼んでくれ」
 店長が北村の顔を覗きこんでから、女性スタッフに向けて叫んだ。
「店長、すいません、大丈夫です。ちょっと足がもつれただけですから」
 北村は、そう言って起き上がろうとしたが店長が止めた。
「北村さん動かないで、救急車呼んでるから」
「あっ、あー、はい」
 さすがに北村も店長の言葉には従い、横になったまま救急車を待った。
 北村はおでこに右手の甲をあてながら「ハァ」とため息をつき、「なんてザマだ」と小さく呟いた。
「店長、僕が病院までついていきます。昨日、僕と遅くまで飲んでたせいかもしれません」
 山崎は店長に向かってそう言った後、唇を噛みしめた。
「山崎、お前は来なくていい。売場が手薄になる」
 北村は山崎を睨み付け、そう言ったが
「山崎、そうしてくれ。売場は俺と武田でなんとかやっておくから、頼む。病院着いたら連絡してくれ」
 店長は山崎にお願いした。
 北村は観念して舌打ちだけした。
「ちぇっ」 


病院で会った女性

 山崎は職場に北村の容態を電話で報告した後、病院の通路の椅子に腰掛け、俯いて両手で顔を覆っていた。
「あのー」という声に山崎が顔を上げると女性が山崎の前に立っていた。長い黒髪で色白の美しい女性だ。
 山崎は「あっ、はっ、ひっ」と訳のわからない声を発した。
 急に現れた美しい女性に山崎は慌てた。一瞬、さっき北村の容態を説明してくれた看護師に似ていたので、その看護師が来たのかと思ったが、目の前に立つ女性は花柄のワンピース姿なので別人だとわかった。
「スーパーサワダの方ですか」
 女性は落ち着いた口調で山崎の制服を見ながら声を掛けた。
「あっ、はいスーパーサワダの山崎です。も、も、もしかして……、き、北村さんの……?」
 山崎は、前に立つ女性が北村からは想像出来ないくらい小柄で美しい女性だったので、北村の娘なのかどうなのか悩みながら訊いた。もしこの女性が娘なら北村さんの奥さんは凄い美人なのだろうと思った。
「あっ、はい。いつも父がお世話になっております。北村の娘の北村佐和と申します。連絡頂きまして有難うございます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」
 佐和は丁寧に頭を下げた。この仕草も北村とは大違いだ。
「いえ、こちらこそ仕事中にこんなことになってしまいまして、ご家族の方には、ご迷惑おかけしました」
 山崎は、立ち上がり、柄にもなく両腕を体の脇につけて、丁寧に深々とお辞儀した。
「で、父の容態は?」
「あっ、はい。先生の話では過労からきたもので、今日1日病院で安静にしておけば大丈夫だということです。今は気持ち良さそうに眠っています」
「そうですか、過労ですか」
 佐和は眉根を寄せ、唇を噛みしめた。
「実は、少し前にも北村さん、仕事中に作業場で倒れたんです。本人は転んだだけだと言ってますが、違うと思います。最近、体調はよくなかったんじゃないかなと思って心配してたんです。それなのに、昨日僕と飲みに行って、それが悪かったんじゃないかなと思って、ほんと申し訳なくて……すみませんでした」
 山崎は佐和に向かって、今度は山崎らしくペコリと頭を下げた。
「山崎さんのせいじゃありません。どうせ父の方から誘ったんでしょう? 父は昔ほどお酒は強くないはずなのに、若い頃と同じような感覚でいるんです」
 佐和は優しく山崎に微笑んだ。
「昨日も仕事のことをいろいろ教えてもらってたんですが、体調が心配なので帰りましょうと何度も言ったんです。でも、北村さん最後は怒りだしてしまいました」
「父らしいです。体力には昔から自信があるので、それを否定されるのを、すごく嫌がるんです」
「でも、昨日僕がもっと早く帰すべきでした。申し訳ありません」
「本当に気にしないで下さい。父は頑固で、人の言うこと聞きませんから」
 佐和は北村のいる病室のドアに視線を向けて言った。
「北村さんは病院嫌いそうですね。さっきも何で店長は救急車なんか呼んだんだ、と怒ってましたから」
 山崎もドアに視線を向けた。
「昔からです。私や母が心配して病院に行くように言っても『大丈夫だ自然に治る』そう言うだけでした。父が病院を頼りにしたのは母が倒れた時だけです」
「お母さん……、北村さんの奥さんですか」
「ええ、母が入院した時は毎日病院に行ってました。いくら仕事で疲れていても毎日でした。毎日毎日、母の顔を見に行ってました。母が亡くなった時は、早く病院に行かせて検査させればよかったと、すごく悔やんでました。でも、自分のことになると話は別みたいです」
 佐和はそう言って、両肩を挙げ少し笑みを浮かべた。その表情に山崎は北村の面影を見つけた。
「北村さんの奥さんが病気で亡くなったことは全く知りませんでした」
 山崎は項垂れた。北村には毎日仕事を教えてもらっていたが北村の家族のことや私生活について何も知らなかったことを恥ずかしく申し訳なく思った。
「あたしが中学生だった時に母が亡くなって、父も大変だったと思います。それから父は一人であたしを育ててくれました。だから父には出来るだけ長く元気でいてほしいんです。あたしは父に恩返ししないといけませんから」
「そうなんですか……、知りませんでした」
「父はあまり自分の事を話しませんからね。シャイで頑固者なんです」
「そうですね、頑固ですね」
「やっぱり職場でも頑固なんですか」
 佐和はあきれたように眉を八の字にして言った。
「あっ、いえ、決して悪い意味で言ったわけではありません。仕事に妥協とかしませんから、僕も北村さんと仕事していると本当に勉強になります」
「有難うございます。父が気に入っている後輩って山崎さんのことだったんですね。いつも若いのに根性があるって言ってました」
「いやー、僕は失敗ばっかりで北村さんには迷惑かけっぱなしです」
 山崎は照れながら後頭部を掻いた。
「これからも父を宜しくお願いします」
「いえ、こちらこそ。僕はこれで仕事に戻ります。北村さんが目を覚ましたら、早く仕事に戻れと怒られそうですし」
「山崎さん、ありがとうございました。職場の方にもよろしくお伝え下さい」



北村に変化


「店長、北村さんは、あれからよく病院に行くようになりましたね」
「そうみたいだな。でも北村さんに聞いてみたら、体の事を考えて、じゃないみたいだぞ」
 店長はニタニタと笑いながら言った。
「えっ、じゃあ何で病院に行ってるんですか」
「山崎は何も聞いてないのか」
「ええ、北村さん、最近は飲みに行かないで病院に行くからどうしたんだろうと思ってました」
「実はな、ここで倒れて、救急車で運ばれて入院しただろ。あの時の看護師が綺麗で気に入ったらしいぞ」
「えっ、店長、本当ですか。北村さんは硬派なイメージだったんですけど」
 山崎は北村の娘に似た看護師の顔を思い浮かべた。多分あの看護師だろうとは思ったが北村には女性を追いかけるイメージがない。
「まぁ、山崎の前ではカッコつけてるんだろうな。北村さんは、女好きだぞ。あっちの方も歳のわりには元気みたいだからな。若くて綺麗な女見て、一段と元気になったんだよ。北村さんは絶倫だよ、絶倫。ハハハ」
「そ、そうなんですか。僕はまだ北村さんの事で知らない事が多いみたいです。でも元気になってよかったです」


病院に行く本当の理由

 山崎は少し下心を持ちながら、あの日以来、北村の職場の様子を佐和に報告することにしていた。
「北村さん、最近は飲みに行かないで、よく病院に行ってるみたいですね」
「そうなんです。病院嫌いだった父があの日以来、急に病院に行くようになったので、体調がよほど悪いのかと心配してたんです。父に聞いても何も教えてくれないし、なので、あたし病院に行ってみたんです。それで父が病院に行く理由がわかりました」
 佐和は嬉しそうな声で、そして少し恥ずかしそうに言った。
「も、もしかして……、その理由って看護師さん……ですか」
「フフフ、山崎さんは父から聞いているんですか」
「いや、何となく、噂で聞いただけなんですが」
「えっ、どんな噂ですか」
 受話器から笑い声が漏れた。
「ええ、北村さんに聞かれたら怒られそうなんですが」
「父が看護師さんに熱をあげてるとか、ですか」
 笑い声が大きくなった。
「いや、まぁ、そんな感じです」
「フフフ、それ聞いたら、確かに父は怒りそうですね」
「北村さんには内緒ですよ」
「わかってます」
「じゃあ、本当の理由はなんですか」
「その噂は半分当たってますが半分はずれてます。あたし、その看護師さんを見て、すぐにわかりました。父が病院に行くようになった本当の理由が」
「やっぱり理由は看護師さんなんですか」
「そうですね、あの看護師さんに会いたかったのは間違いないと思います。あたしも看護師さんを見て、また会いたくなりましたから」
「えっ、佐和さんもですか?」
 佐和さんは男性より女性に興味が……、と言いかけそうになったが堪えた。
「だって、あの看護師さんは母にそっくりなんです。話し方や仕草まで、そっくりなんです。あの看護師さんと話していると母と話しているような不思議な気持ちになるんです。私は、きっと母が父の体を心配して、あの看護師さんに会わせてくれたんだと思ってます」
「そ、そうなんですか」
「はい、母にそっくりな看護師さんに会ったおかげで父は心も体も一段と元気になっちゃいました。だから、本当は病院へ行く必要はなくなっちゃったみたいなんですけどね」
「そうですか、北村さん元気になって良かったです。でも看護師さんに会えなくなったら寂しがるかもしれませんね」
「まぁ、何か理由つけて病院に行きますよ。検査だとか言って」
「でも、これで僕は、佐和さんに北村さんの職場での様子を報告する必要はなくなりましたね」
 山崎は北村が元気になって嬉しく思う反面、佐和に連絡する必要が無くなったことを残念に思った。
「そうですね、父は元気になったんで職場の様子を聞かなくても大丈夫です。でも、これからは山崎さん自身の近況を聞けたら嬉しいです」
 受話器から聞こえる佐和の言葉は語尾が少し震えているようだった。
「えっ、これからも連絡してもいいんですか」
「もちろんです。山崎さんの声を聞くとあたし元気になれますから」
 山崎は電話を切ったあと「よっしゃー」と叫び、拳を握りしめた。

山崎と佐和の手相

山崎俊輔 29歳
スーパーサワダの精肉担当 
北村が気に入っている後輩
優しい心の持ち主。生命線、頭脳線、感情線、運命線のバランスがよく、協調性があり組織で働くのに向いている。寵愛線が運命線に流れ込んで太陽線が伸びているので、寵愛してくれる人物が近いうちに現れて幸福度は上がります。仕事上か恋愛、結婚相手なのかは、わからない。
北村の娘の佐和に好意を寄せる。
f:id:sujya:20180929174122j:plain

北村佐和 26歳
北村清次の娘 
長く人差し指まで伸びて二股三股に分かれた感情線の手相の持ち主、愛情が深く、面倒見のいい良妻賢母な手相
寵愛線が伸びてそこから太陽線が出ています。女性の場合これは結婚相手の出現と考えてもよいかも。
父北村清次の後輩、山崎俊輔の優しさに好意を持ち始める。
f:id:sujya:20180929173500j:plain