小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

小説を読もう「半落ち 横山秀夫」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。

「そんなことは言っとらん!」
伊予は突如沸騰し、巨体を前のめりにして中尾を睨み付けた。

「東洋新聞の阿久津は俺のT大の後輩だ」
床を蹴りつけるようにして席を立った。

ー馬鹿野郎! そんなもんが脅しになるか!
胸の中に怒鳴り声を響かせた時、懐の携帯が震えた。勢い、きつい声で出た。
《おい、なにカリカリしてるんだ?》
電話の相手は東京本社の宮内だった。
「すみません。ふざけた奴がいて」

「県警は捏造した調書を送ってきた。そうですね?」
桑島が椅子を弾いて立ち上がった。
「ま、まさか、お前……」
見開いた目が、すぐさま怒りの色に染まった。

夫は絶対に不倫している。めいっぱい慰謝料をふんだくってやる。速射砲の合間を縫って質問を挟んでみるが、まともな答えは返ってこない。

「警部の ー 梶警部の行為はやむをえなかったと?」
康子は曖昧に頷いた。

《ああ、ゴメンゴメン。いやさ、おふくろが寝込んでしまったんで、一応連絡だけしとこうと思ってさ》
心臓が一つ、強く打った。
「どこか悪いのか」

布団の中で、上村は身を捩(よじ)った。

視界の先には、寒風に砂埃を巻き上げる焦げ茶色の畑がどこまでも広がっていた。

植村は玄関を入ってすぐ左手の小窓を指の節で叩いた。

植村は両手でメガホンを作り、暗紫色の耳に近づけた。
「梶昭介さんだね?」