小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

小説の書き出し

小説の書き出し「仮面同窓会 雫井脩介」

「仮面同窓会 雫井脩介」の書き出しをここに残しています。 十年近く経った今でも思い出す。 西に傾いた日に照らされてアスファルトが黄色く光っている。 白いウェアに身を包んだテニス部員たちが連なって軽快に走り抜けていく。 その向こうにあるグラウンド…

13階段(高野和明)の書き出し

死神は、午前九時にやってくる。 樹原亮は一度だけ、その足音を聞いたことがある。 最初に耳にしたのは、鉄扉を押し開ける重低音だった。その地響きのような空気の震動が止むと、舎房全体の雰囲気が一変していた。地獄への扉が開かれ、身じろぎすらも許され…

小説の書き出しが難しい 「ラストレシピ 田中経一」

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 田中経一 華僑(かきょう)の大物ともなると、その葬儀はここまで大袈裟になるのか……。 佐々木充は、そんな感想を持ちながら記帳を済ませた。 今年は、四月に入ってから雨空の日が続いている。この日も、横浜郊外にある斎場にはし…

小説の書き出しが難しい 「火花 又吉直樹」

小説を書きたいと思ってもなかなか難しい。特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、私が気に入った小説の書き…

小説の書き出しが難しい 「旅路を死神 伊坂幸太郎」

書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しに憧れるが いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、私が気に入った小説の書き出しをここに残しています。 死神の精度 伊坂幸…

小説の書き出しが難しい 「恋愛で死神 伊坂幸太郎」

小説の書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。どうな書き出しなら、読者が引き込まれていくのだろうか? 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、私が気に…

小説の書き出しが難しい 「吹雪に死神 伊坂幸太郎」

小説の書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、小説の書き出しをここに残しています。 死神の精度 伊坂幸太郎 (著)…

小説の書き出しが難しい 「吹雪に死神 伊坂幸太郎」

小説の書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、小説の書き出しをここに残しています。 死神の精度 伊坂幸太郎 (著)…

小説の書き出しが難しい 「死神と藤田 伊坂幸太郎」

小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになり…

小説の書き出しが難しい 「死神の精度 伊坂幸太郎」

小説の書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は、最初から引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか私もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、私が気に入った小説の書き出しをここに残しています。 死神…

小説の書き出しが難しい 君の膵臓をたべたい 住野よる

小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになり…

小説の書き出しが難しい 空飛ぶタイヤ 池井戸潤

小説を書こうと筆をとる、あるいはパソコンを立ち上げるが、なかなかすすまない。 特に書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書きたいと思い、…