小説を楽しんでプラス

主に私が作成した超短編小説(ショートショート)を記事にします。ほかにお気に入りの小説を紹介します。

13階段(高野和明)の書き出し

死神は、午前九時にやってくる。
樹原亮は一度だけ、その足音を聞いたことがある。
最初に耳にしたのは、鉄扉を押し開ける重低音だった。その地響きのような空気の震動が止むと、舎房全体の雰囲気が一変していた。地獄への扉が開かれ、身じろぎすらも許されない真の恐怖が流れ込んできたのだ。
やがて、静まり返った廊下を、一列縦隊の靴音が、予想を上回る人数とスピードで突き進んできた。
止まらないでくれ!
ドアを見ることはできなかった。樹原は、独居房の中央に正座したまま、膝の上で震える指を凝視していた。

13階段 (講談社文庫)

新品価格
¥700から
(2018/10/17 11:54時点)

13階段 (講談社文庫) [ 高野和明 ]

価格:699円
(2018/10/17 11:57時点)
感想(31件)